2017/02/07

2017新作ギター(3)

裏板を接着して箱になる場面を紹介します。
MRU_2783_384.jpg 
▼竹の弾力を利用して接着します。押さえの木片にはコルクやゴムシートが貼ってあります。MRU_2791_383.jpg 
▼脚にはキャスターが付いていて自由に回せるので、じっと椅子に腰かけたまま作業ができます。
MRU_2785_382.jpg 
2017/01/26

2017新作ギター(2)

ホンマホ製のネックです。あとはヒール部を仕上げてニスを塗れば表面板と合体できます。手前バイスに固定しているのが通常仕様の展示会モデルで、向こうの2つは「超特殊仕様」の注文品です。

響板は3枚ともブレイシングまで完了しています。汚れ防止等のため軽くシェラックニスを塗布しています。右端が2017展示会モデルです。
MRU_2211_374.jpg

裏板は右端が展示会用でハカランダです。あとはインディアンローズ。
MRU_2217_375.jpg

  
2017/01/13

受付テーブル完成と2017新作ギターのこと

近鉄大和八木駅前のコンサートホール「テーネ・ザール」さんの受付テーブルです。今月の催しからデビュー!しますのでコンサートに行かれたときにはどうぞご注目を。
MRU_1793_00001.jpg 
MRU_1798_00001.jpg 
▼テーネ・ザールさんに設置してきました。16003261_1152680321516484_7771015882300000177_n.jpg 
さて、工房はギター製作モードになります。今回は3台を並行して作ります。うち2台は注文品で、残る1台は今年の展示会モデルにと目論んでいます。
その2台の注文品ですが、誰もが驚くおそらく世界初の試みとなる「クラシックギター」です。いままでとはまるで違う響き?がするでしょう。このアイデア、依頼者が私に注文してくれた所以であります。そのうち種明かしします。
MRU_1801_00001.jpg 
▼両端が注文品用のトップ板です。左の板のロゼッタはご指定で、ほぼ10年ぶりに自作でないロゼッタを埋めました。黄色いマスキングテープですが、この段階で表面板保護のためにニスを塗るのですが、指板とブリッジのところは接着するのでニスがかからないようにマスクするためです。
MRU_1838_353.jpg 

2017/01/01

謹賀新年2017

ご訪問のみなさま
 新年あけましておめでとうございます
 本年もどうぞよろしくお願いいたします

今年は(も)元気で初日の出を拝むことができました。そしてこのままが継続しますようにと祈りました。
今年は早々からギター3台の同時製作がはじまります。またアップしていきますのでどうぞお楽しみに。
写真は地元高取山から昇る朝日です。上はD750で、下はEM1で撮りました。
MRU_1435_341.jpg P1010132.jpg

 
2016/12/20

コンサートホールの受付テーブル製作(1)

今年はこれの製作で暮れそうです。下のロゴを見れば一目瞭然ですが、そのホールから依頼されました。
↓こういうデザインです。来場者の手荷物をちょっと置けるようになっています。見えないですが、内部には棚もしつらえます。
テーネザールの受付机ver2 ↓この赤い板(サチーネという木)を切り抜いてロゴを作ります。ロゴは依頼者の提供です。
DSC_0426_320.jpg 
↓すべてのパーツを並べて記念撮影。すでに着色して水性ウレタンニスも2回ほど塗ってあります。あとは組み立ててから最終上塗りをします。材はタモ。上で作ったロゴも貼り付けてあります。
DSC_0633_322.jpg 
↓時は遡りますが、荒材から木取りして基準面を出したところですMAR_9165_310.jpg 
↓さらに遡って、バンドソーでカット中
MAR_9140_103.jpg