2008/06/26

カルガモかな?いやアイガモかも

このところ朝夕の散歩が習慣化しつつある。そういえばこころなしかヘソまわりも短くなったような。
曽我川に沿ったコースなので、川面の様子を見る楽しみもあって続いているのかもしれない。

昔はアユやウナギがとれたし、夏には水浴びができた「元清流」が、最近のエコ運動でまた蘇りつつある。
非常にたくさんの鯉が、つい先日まで繁殖行動でそこらじゅうでパシャパシャしていた。
さまざまな水鳥たちの観察もできるし、運がよければカワセミのダイビングも見られる。

いつも決まったところにアヒルとアイガモの集団がいる。これらは飛べないように人手で翼の一部が切られている。つまり野生ではない。この集団に空飛ぶ野性のカモやカワウなんかも混じるのでなかなか面白い光景が繰り広げられる。そんな中、きのう卵を抱いている一羽のアイガモを発見した。人に慣れているとはいえ、ジロジロ観るとかわいそう。
さてどんな模様のヒナが誕生するのか、おおいいに楽しみである。


写真 : 先日目撃した子連れのカモ。これって何ガモ?マガモではなさそうだが、カルガモだろうか? それともやっぱりアイガモ? ひょっとしてコガモ? ついでにフェラガモ!?


鴨1
鴨2
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

かわいい!
t_maruさんも良いところにお住まいですよね
いいなあ・・

No title

カタンさん、

かわいいですね。でもこの子連れ、最近みなくなりました。

No title

楽器も作るバードウォッチャー蝠樂亭です。
くちばしの先が黄色いので、合鴨ではなくカルガモですね(^-^)
最近見られないと言うことは、多分お引っ越しをして、もっとたくさん餌のあるところに行ったのでしょう。
雛はまだ飛べないし、歩くのもうまくないので、きっとそれほど遠くないところにいるはず。

No title

蝠樂亭さん、

なるほど!
今朝もくちばしの先が黄色いのを見ました。少し小さめで。これがカルガモですね。単独行動してました。