2008/09/07

上手と美しいは違う

音を発する点において、アスファルトを砕く機械も楽器も同じである。
違うのは美しいかそうでないかということ。特に大きな音が出る楽器ほどその落差は顕著だ。

      ::::::::::

素晴らしいテクニックでたいへん上手に演奏された。

でも、

私だけかもしれないが、その場から逃げたいと思った。

古典派やロマン派の有名なピアノピース。

これらに、のべつフォルテマーク3つか4つで弾きなさいと指示しているとは思えない。

会場は大ホールではなくいわばサロン。

音楽を表現するのに楽器操作技術はもちろん必要だが、

それが選択的に表に出るのは国内コンクールだけで十分だ。

コメント

非公開コメント

No title

セゴビアの映像で若いギタリストが
弾き出すと同時に手で遮って、音が
大きすぎるとの表情を見たことが
あります。
ギター演奏でも要注意事項ですね。

No title

美山でのグロンドーナのマスタークラスでも同じ光景がほとんどの生徒さんに対して見られました。