2009/02/24

ギターも皮靴も親方に従う

楽しみなことがまたひとつ。

自分のギターがステージに上がることになった。
しかも2台一挙に、デュオだから。
ギターアンサンブルフェスティバル in OSAKA (3/22)
聴きに(応援に?)行かねば。

そのうちの1台はシグエンサで作ってきた楽器だ。
きょう久し振りに対面したら、やはり変わっていた。
もともと明るく軽快に立ち上がる楽器だったが、それに 「ふくよかさ」 ないしは 「あたたかみ」 みたいなものが加わっていて ・・・ というより寧ろそちらのほうが支配的と思えた。

ひょっとするとギターも親方なりの変わり方をするのかしらん。
新品の皮靴が履き込まれるにつれて変形するみたいに。サックスのキータッチも他人のやつはどうも違和感があるのと似ている。


該ギターの内部 : J.L.Romanillos の筆跡です
ロマニーリョスのサイン

コメント

非公開コメント