2009/03/02

楽器製作モード初日

今日からようやく楽器作りにモードチェンジ。掃除機いや正直、うずうずジリジリしていたところだった。

アルル(橿原市のショッピングモール)に行ったついでにちょっと島〇楽器をのぞいてみたら、Raimundというブランドの手工品があったのでその中の最高額のモデルをみせてもらった。
店員が調弦している音を聞いて「悪くないな」と思ったが、手にとって弾いてみると悔しいかな「very good!」。
ストレスを感じさせない鳴り方、均整のとれた和声。美しい音。弾いていてほんとうに気持ちがいいと思うギターだ。
いままで作ったこともなく避けて通ってきた杉の楽器だったが、こんなところで見直してしまった。

このギターの特徴は裏板にあった。
裏板の3本の横バーをまたいで2本の縦バーが上から下までセンター補強と並行にズドーンと走る。
この縦バーは裏板とは接触しておらず、横バーとアイカキで結合する。ちょっとユニーク。


楽器モード初日は表面板削りで日が暮れた。
2組のドイツトウヒと木曾ヒノキ。
木曾ヒノキの使いみち? そのうちに。

コメント

非公開コメント

No title

Raimundはラミレス系の音と思ってました。
しかしウラ板は工夫があるんですね。
ギター製作モードなんですね。
これからはブログも楽しみになります。

No title

alamodeさん、
だけど、ギターを聞かせる立場の人とは意見が異なるかもしれません。

ついでに、
 Raimund → Raimundo
 裏板バーの本数 3 → 6か7


No title

私も、西大寺のS楽器でグレードの違うのも含めて弾かせてもらったことがあります。
ギターの音、私は裏板の役目は大きいと思っています。
杉をうまく使えるといいですね。

No title

フェルナンドさん、
あれを触ったおかげで、杉についても裏についても勉強になりました。