2009/04/22

いよいよリュートベンチュラ

いつごろのお話かと過去の日記を検索すると、去年の9月だった。
http://naracraftm.seesaa.net/article/106068347.html

ベンチュラとは人の名前らしく、一般的にはハープリュートと称するようだ。英語式ならハープが連体詞になるので、あくまでもリュートということか。
そしたらスペインだったら、リュートハープ(アルパ)となるのかな?

今日から設計にはいった。おまたせいたしました。

   まずは各弦長のフィックス
    その次にネックと本体の継ぎ手検討
      その次に3Dイメージの製作図作成

裏側はリュートみたいに卵型なので、地球儀のような断片パーツの寄せ集めになる。オリジナルは7パーツだ。
そのパーツの形をどうやって決める?
3D-CADで割り出す? かなりややこしそう。考えただけでも肩が凝る。
それより自動車のニューモデル設計みたいに「型」を作ったほうが早いかも。
そういえば誰かがバロックギターの製作でそんな「型」を作ってたな。
素材をどうしょう。

7月の初めに展示会がある。これを目標にするか? また自分で自分の首を・・・・・

コメント

非公開コメント