2009/09/17

信頼を損なう弦

均一性が良くて音程が安定しているのでリファレンスにしているユーザーも多かろうPブランド(USA)のナイロン弦だが、最近ちょっと変だ。

 驚いたのは ・・・ パッケージはX弦なのに中身はY弦だった
 ラッキーなのは ・・・ ある弦が1本余分に入っている たとえば4弦
 殺生なのは ・・・ 巻き弦の巻きがほんの少し甘い(緩んでいる?)というもの これではまともに響かない

自分だけでも短期間にこれだけ経験していることから、統計学的に母集団を推定すればものすごい数となろう。選挙のときの出口調査と同じ理屈だ。

これはメーカーの今の姿。きっとたるんでいるのだろう。驕りもあるだろう。

消えてなくならないでと、祈るのはまだ早い?

コメント

非公開コメント

No title

最近・信頼そこねるケース増えましたね!
携帯電話2台・・同じ箇所連続して故障
しました。東芝とAU自覚なし・反省なしで
不愉快な思いしました。

No title

おお!そう思っていたのは私だけではなかったのですね。

長年信頼をおいていた「P」弦。
ここの所、以前より低音弦の持ちが悪く、高音もなんとなく張りが無い。
しかたなく、「A」社の弦に変更しています。
早急の改善を望みます。

ま、不満は有りますが、「A」社の弦の方が音色は魅力的です。

No title

らくさん、
そんな貴重な情報を役に立たせないメーカーだったら、他の製品も疑いたくなります。

No title

Caminoさん、
特に簡易包装のPの弦は正常品でも何となく音が??な気がして仕方がありません。
諸行無常。