2009/11/01

紫檀木画槽琵琶の鑑賞

正倉院展、今年の目玉を見てきた。

よく目にする琵琶より大きく、胴の幅は現代のギターよりも広い。

見れば見るほど美しい形。この写真とはちょっと印象が違う。

裏に施された象嵌細工は現代の工芸レベルをも凌ぐほど素晴らしい。千何百年前の作家のなみなみならぬ心意気が伝わる。途方もない月日を費やしたことだろう。

しかしその象嵌よりもぼくは形の美しさにひかれる。もっといえば装飾は無用の長物にさえ思える。

折れ曲がったヘッド、卵型の胴裏はやはりリュートを思い起こす。

月形の響孔から表面板の厚みをみると5mm以上もあるし、駒が表面板と接するところはおそろしく下に位置している。

これではあまり鳴らないと思われたが、この時代の妓楽では琵琶はほとんど打楽器の役割を担っていたと今日TVで知って、軽々しく鳴らない楽器に作ったのだろうなと思った。


復元したいな。





コメント

非公開コメント

No title

NHKの日曜美術館でも取り上げていました。何処だかの大学が伝承された当時からの雅楽の再現に取り組んでいるを初めて知りました。メロディーを弾くのでは無くて伴奏に使うんですね。音その物より工芸品価値が高そうですね。私も見てみたい。

No title

KARAFUTOさん、
手仕事の極みですね。刺激になります。

No title

是非、復元に取り組んで下さい。

ひょとしたら、東大寺さんも

お喜びかもですね。

No title

らくさん、
来年の目標がひとつできました。

No title

表面板の厚さが5mmと言う話ですが、
材質によってはそれくらいある方が歯切れの良い音になるのかも知れませんね。
以前月琴を作ったことがあるのですが、表面板は桐で、かなり軽く柔らかい素材なので、3mmくらいだとぼわーんと言う感じになると思いました。

また、ブリッジ位置についてもこの楽器の場合これが一番いい音になるのかも知れません。
ウクレレなんかは下3分の1の位置がタッピングしたときに最も大きな音が鳴りますから(^-^)

古い楽器とは言え、きっとそう言うところは押さえてあるに違いないと思います。

No title

蝠樂亭さん、
そうですかね。
いずれにしても当時にいろいろ思いを馳せるのは面白いです。