fc2ブログ

記事一覧

19Cのギターで

管楽器の 「ぷぅー」 という単音の美しさだけで涙が出るほど感動することが今でもしばしばあります

しかしその音が連続する 「音楽」 となれば、話は別だったりします

~ ・ ~

ものすごい杢目の高級木で作った食卓も、毎日見ていると却ってそれが災いして

ついにはウンザリしてしまうみたいなことを

ギターの音についても感じています

そういうことも引き金になっているんですが

来年からはロマンティックギター(19Cギター)という抽斗も増やして

勉強してみたいと思っています



コメント

No title

楽しみにしていますよ~~。

完成したら弾かせてくださいね。

No title

楽しみにしていますよ~~。

完成したら弾かせてくださいね。



上に同じくです。

No title

HSPTさん、楽さん、

まだまだ先ですが、その時はよろしくお願いいたします。



No title

興味津々。

個人的には,今のギターを取り巻く演奏環境の中では19世紀ギターの要素が必要だと思っています。

ただこの分野は,中々理解してくれる人がまだまだ少ないかと思います。
一方で売れるギターを作りながら,ぼつぼつ取り組んでいただければと思っています。
モダン・ギターでカットした部分に結構重要な要素があるかも知れませんね。

もし,ギターが出来たときは,試奏させて下さいね。
楽しみにお待ちしていますので。

No title

Totanさん、

そんな時間があったら「ダブルトップ」の楽器でも研究開発するほうが工房戦略的には有意義だよ、という自分もどこかにはいますが、
Totanさんがおっしゃる「カットした部分に結構重要な要素」になみなみならぬ興味があるんです。答えを出すのにどれほどの年月が要るかもしれませんが。


コメントの投稿

非公開コメント

アルバム

検索フォーム

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: