2010/02/27

最近のお気に入りCD

それは北口功の新譜CD 、 LEYENDA と PALACIO の2枚です。

10台の歴史的名器による録音なので、ギター製作者としては当然聞き逃せません。

期待どおりの内容でした。音楽が自己表現というエネルギーによって芸術に昇華しています。

中でもソルの第七幻想曲 -また新たな語り口も感じました- は自分には最高の曲です。

-------

同じ曲を違う楽器で弾き比べているのではないので、比較は難しいのですが

マルセロ・バルベロとフリアン・ゴメス・ラミレスとホセ・ラミレスⅠ世は楽器として特に印象に残りました。

その楽器が吸いこんできたであろう国々の空気が、我が家のスピーカーから出てきます。

どのギターにも、作者の個性が営々と入り込んでいて、やっぱりさすがだなと思います。

その強烈な個性に対して、ギタリストはいったいどういうふうに対峙したのでしょうか?

ギターは魔法の箱とおっしゃる北口さんに、こんど是非伺ってみなければと思っています。


【 曲目と使用楽器 】

LEYENDA 
  1905年 マヌエル・ラミレス  : 第七幻想曲 (ソル)
  1923年 ドミンゴ・エステソ   : アストゥリアス  (アルベニス)
  1924年 サントス・エルナンデス : 前奏曲第一番 (ヴィラ・ロボス)
  1930年 サントス・エルナンデス : 森に夢見る (バリオス)
  1936年 マルセロ・バルベロ  : テンポ・ディ・ボレアとドゥーブル(J.S.バッハBWV.1002)

PALACIO
  1882年 アントニオ・デ・トーレス  : セレナーデ (シューベルト)、アデリータ、涙 (タレガ)
  1912年 ホセ・ラミレス Ⅰ世 : トロイメライ (シューマン) 、 ディノーラ (バリオス)
  1931年 フリアン・ゴメス・ラミレス : アンダンテ・ラルゴOP.5-5(ソル)、セビーリア(アルベニス)
  1959年 マヌエル・デ・ラチーカ  : アランブラ宮殿の思い出(タレガ)、クリスマスの歌(バリオス)
  1983年 イグナシオ・フレタ・イーホス : 早春賦 、 ロンドンデリーの歌 (以上、武満徹 編曲)

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

このCD・・市販されていますか?

No title

楽さん、
茨木市の六弦堂で扱っています。
このページです → http://www.rokugendo.com/modules/revent/