2010/03/29

への字のネックジョイント

ネックに使うのはホンジュラス産のマホガニー。今や貴重材となった。その20年ものを家具用材として大量に買えたあの時にもっともっと買っておくべきだったと思うか、少しでも買っといて良かったと思うか。膨大な量を在庫していたその会社は今は消え失せた。残念無念!

今回のネック角度は13°、その角度にバンドソーでラフカットしてあとは斜面になった部分を2枚重ねて、手鉋で接着面の平面を出すという昔ながらのやりかただ。
こういう技術の要る作業をマスターするコツは、何回か失敗すること。

接着するときは12mm厚のガラス板が役に立つ。平面が出ているし、ガラス面上にはみ出た糊をあまり気にする必要がない。

▼ガラス板の上で接着しているところ 下にあるのは接着前の状態
630_nkgl.jpg


▼ついでに今回の表面板 産地は異なるがいずれも欧州のスプルース
  2枚とも630mm用、どちらにトルナボスを付けるか? ・・・・もう決めている
630_sbs.jpg

コメント

非公開コメント

No title

丁か半でなくて

右or左?

左につくと思います。

理由は無しで感です。

No title

楽さん、
ぶぅ~ 右の板なんです