2010/07/06

世界一軽い椅子

として有名なのは、Gio Ponti が1957年にデザインした作品だ。

トネリコという比較的軽くて折れにくい材を使って脚の断面を三角にして座面を編み込みにしている。

いま作っている椅子のご要望も、「できるだけ軽くしてちょうだい!」。

座面が板なのと肘掛が付くので、もうこれでPontiに負けるが、部材はおもいきってシェイプアップしたつもり。

この気候なので朝いちとか、昼休みの後とか、なかなか体も頭も始動しない。

今日はがんばってホゾに差し込むクサビも作ったので、あしたは組み立て。できるかな。

コメント

非公開コメント

No title

早く観てみたいですね。

楽しみです。

塗装は柿渋ですか?

No title

楽さん、
塗装は、亜麻仁油やひまわり油などにビーズワックスを溶かしこんだ液でオイルフィニッシュします。

No title

独立前に2×4材で作った椅子は軽いですね。
屋外用途で13年庇下に晒していますが未だ持っています。
材料も構造も工夫次第ですね。

椅子は体の姿勢データを三次元化して図面化して制作するという
他の家具とは違う製作手法なので高品位なスピーカー作りに役立ちます。
技専での卒業制作も椅子でした。

No title

KARAFUTOさん、
それは長持ちしてますね。
自分も椅子作りには他にない特別の感情があります。
卒業制作は2x4材によるオーディオラックでした。