2010/08/25

いい日

きょうは、恒例のギター製作家仲間(自分を入れて4名)の勉強会。場所は拙宅。
今回は新作ギターの試奏会ということで、新進のプロギタリスト(F村氏)が駆けつけてくれた。というかメンバーのひとりが招聘してくれた。

まず午前中に1時間以上かけて何台かのギターを試奏してくれた。ほとんど、いや正味本番モードだ。

昼は市内の温泉で食事をかねて3時頃までリフレッシュ。

帰途、1時間に数十mmクラスのスコール。これは我が町では何週間ぶりという恵みの雨。

帰ってから試奏会の続き--実に3時間近くも。重複した曲はほとんどない。

ギターで生計をたてるプロフェッショナルの演奏のすごさを実感した。

どの曲も確固たる 「洗練度」と「キレ」 の上に成立している。

初めて触るギターの個性を短時間で見抜いて、その楽器のパフォーマンスをフルに発揮させる技も素晴らしい。

そして散会。外へ出ると雨が降ったので気温がぐっと下がっていた。

東の空には大きな大きな虹が半円を描いていた。

コメント

非公開コメント

No title

お早う御座います。
素晴らしい一日でしたね。

F村?様の演奏お聴きしたかったですね。

☆現代ギター9月号91ページに
 t_maru様の演奏短いですが、紹介されていますよ。

 ご存知かも?ですが、一応お知らせ致します。

昨日は、日本武尊陵の傍通行して和歌山往復しました。
毎日暑いですね!

No title

楽さん、
Fさんの演奏は、茨木市の六弦堂で聴く機会がありますよ。
現代ギター、今は購読していないので初耳です。
演奏??? なにかの間違いでは?