2010/09/12

透かし付き扉の完成

作品が出来上がったとき、なぜか製作の道のりを振り返るのがいつものくせ。
自分をほめたり、けなしたり。今回はそれプラス「暑かったなあ」。

今回のモチーフは、反物を染めるための「型紙」。これを透かしに使ってちょっと洋風にというご要望だった。
で、その紙の大きさを基準にして全体のデザインを決めた。
洋風というのが自分にはどうも難儀だったが、まあ少なくとも和風ではない格好にした。

ブラウンスモークのアクリル板に型紙をサンドイッチして裏からはめこむ。そして家の廊下に立てかけた。
ほぼイメージどおり。茶色に少し紫が入る。ギターのローズウッドみたいな色。

客先ではこれが4枚、出窓にはまり込んで引き戸となる。なので底には戸車を仕込んである。
なお、出窓そのものが陶磁器コレクションの飾棚となる由。

現地での納まりがちょっと楽しみ。

▼材はミズナラとウォールナット ・・・ 現物はもう少し暗い感じ
  ミズナラのみ水性顔料で着色して、全体をオスモオイルフィニッシュ  大きさ:縦90cm
craftm_kddr1.jpg





コメント

非公開コメント

No title

おめでとうございます。

良いのが出来ましたね。

陶磁器のコレクションも逸品揃いなんでしょうね。

No title

楽さん、
ありがとうございます。
コレクション・・・立派です。