2010/12/15

ワークベンチ製作-4 脚組み

通直で、狂いにくく、けっこう粘っこい世界のヒノキですが、木質の緻密さではやはり広葉樹にはかないません。
なので、ホゾ組みなどの仕口・組手はドーンと大きくしないともちません。

下の写真は脚と脚をつなぐ部材(75mmx36mm)です。
胴付きラインを予めテーブルソーでクロスカットしてから、ルーターテーブルで彫り込んでいます。
この方式だと広い面でも精度が出るうえに、おのずと中心線対称の段欠きになります。
P1050826.JPG


▼さっそく仮り組みして直角などをチェックします
P1050829.JPG




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

ほんまにいいですね!!!

No title

楽さん、
木工、ほんまに楽しいです。