2011/02/04

7弦ギターの製作-5 棹:音叉

ネックはいつもと少し違います。

7弦用に穴が7つのヘッド、そしてヘッドとは反対側のヒール側(ボディの中におさまる部分)の形を変えました。

このヒール形状を、或る人は”音叉型” と呼び、その原理と必要性について私に強く説明しレコメンドしてくれました。

ネックの材は、スパニッシュシーダー、つまりセドロです。
P1050975.JPG





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

7弦・・1弦増えるだけで
変化有るんでしょうね!

楽しみです!

No title

楽さん、
経験ないので何とも言えませんが、最善を尽くせば6弦にはないものが出てくるかも、です。