2011/02/26

7弦ギターの製作-10 裏板装着

今年もどうやら鼻孔に洟水が湧いてくる時節になりました。でも、症状としてはそれだけなので、そんなにつらくはありません。

今日は、裏板をくっつけるための準備作業です。
裏板は縦方向にも横方向にもアーチ型(たまご型みたいな)になるように成形しています。
この形を崩さず、つまり余計な応力を与えずにボディにぴたっとくっつけたいのです。
そのために、横板に貼ったライニングの上っ面(糊しろですね)を削ったりサンディングしたりして入念に調整します。このとき活躍するのが、裏板のアーチと同じ曲率で作った例のサンディング用プレートです。

▼調整が終わりました。あとは糊づけして太いタコ紐でぐるぐる巻きにしばります。カミサンはこの姿を「しばられ地蔵」と云います。
表面板のペオネスはいつものアルカサール型です




コメント

非公開コメント

No title

完成ま近くなってきましたね。

例の、スタンドの金具有りました。
次回お持ちいたします。

No title

楽さん、
いえいえ塗装完了までまだまだ先は長いです。

金具ありましたか。ありがとうございます。

No title

丈夫そうな裏板構造ですね。

アーチ型の形状の維持って難しいですね。
いつかできるようになってみたいです。

No title

Totanさん、
縦や横のバーを貼るとき、アーチ型に成形した台を敷いてクランプあるいは押さえつければOKですよ。