2011/03/19

愚痴で再開

(1) 「失意の胸へは誰も踏み入ってはならない ・・・・・・」 (今日の天声人語)
いまのぼくの気持ちと同じだ。
はすかいに見過ぎかもしれないが、どうもマスメディアはキープアウトの線を平気で踏み越えているような気がしてならない。報道の自由と人々の心の中にある痛みのかたまりをえぐり出す行為とは全くの別物だ。

(2) 自民党が入閣を断った。理由は、「国家的危機とはいえども政策協議なしでは・・・」。
政治の世界では国家的危機をも上回る理由が存在することにいたく驚き、それを正論のド真ん中のごとく公言する政治家に呆れ、さらに断られた与党側には計り知れない頼りなさを覚えた。

以上、自分としては極めて珍しい愚痴ネタにて、blogの再開となりました。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

お久し振りです。

今日20日

午後7時過ぎにHSPT様が、三条のよりに起こしです。
ご都合許すようでしたら、ご一緒しませんか?
小生ギター他持参します。
もし起こしでしたら、何か良い楽譜ありませんでしょうか?
急で済みません。

No title

楽さん、
お誘いありがとうございます。
喜んで・・・といきたいところなんですが、夕方は予定がありまして。またよろしくお願いいたします。

No title

暫くしてます。昨年6月末松村雅亘さんの楽器を持って工房見学ついでに楽器の修理をしていただきました。その後今年に入って松村さんに会って入退院を繰り返してたとのことでした。閑話休題。今回の自民党と言うか谷垣総裁の入閣拒否の態度。与野党共に情けない。国家的危機の時に何考えているんだろ?人間何て誰でも我田引水になりがちではありますが政治家がこれじゃあ。ねえ。何に頼ればよいのか?丸山さんまた機会があれば工房訪ねていいですか?松村さんに裏板の剥がれも直して頂きました。

No title

山田さん、
お久しぶりです。あのときの松村ギターの響きはまだ忘れられません。
工房のほうへはいつでも大歓迎ですよ。楽しみにお待ちしております。