2011/04/26

ラプレヴォットの製作-9 oil finishing

結局、表板とネック以外はオイルで仕上げました。家具塗装でよく使う osmo社のnormal clear にしました。理由はカルナバなどのワックスが含まれているからです。
目止めしてあるのでウエスで1回塗るだけでツヤツヤになります。しかしこれだけではさすがに耐久性に問題があるので、明日少なくとももう1回塗り重ねるつもりです。
ギターをオイルで仕上げるのは初めてですがマホガニーとの相性、なかなかよさそうです。

なお、表面板はシェラックのフレンチポリッシングです。冬目と夏目(木目のこと)の凸凹がなくなるくらいに塗膜が出来ているのでもうこれで終了とします。


craftm_lprvt_fn.JPG



コメント

非公開コメント

No title

いい色してますね。

どんな音がするのか,とても楽しみです。

No title

Totan様に同じくです!

No title

Totanさん、
楽さん、
作ってるほうも、音を聞くまでのこのときが、いちばん盛り上がります。

No title

塗装工程って何日もかかると素人的には思ったのですが、意外に早いですね。目処めだけで塗って乾かし塗って乾かしで数百回される方とか。エルナンデスyアグアドは大変銘器ですがアグアドという人は何時間でも塗ばっかりできたと訊きます。後は駒を装着して弦を張るだけですね。

No title

魅惑のギタリストさん、
今回はオイルだから早いのです。
オールシェラックのときはお客様に渡せるまでには半月以上かかることが多いです。