2011/05/28

ガット弦を張った

craftm_Lpvt_w_gs.jpg

羊の腸から作ったガット弦が入荷しました。ドイツのキュルシュナー社製。非常に細かく弦の太さが設定されているので、楽器の弦長と希望する張力によって選択自在です。今回はオーソドックスなところで、一応A=440で調弦しても楽器も弦も大丈夫な選択にはしました。

もともと、AquilaのAlchemiaという弦を張っていましたが、これはこれでバランスも鳴りも良くて気にいっていました。
さて、待望のガット弦を張ってみると、第一印象は「全然古臭くないやん」。むしろ明るい感じです。もっとも、古臭いの定義がよくわかりませんが。張りは明らかにゆるくなって私には弾きやすくなりました。

低音の2本はほんのちょっと声量が落ちたかなという感じはありますが、逆に言うとこれがナチュラルなのかもしれません。
逆に高音側は透明感が増したようでそのぶん前に出る感じはあります。
全体的にはなかなか味わい深い響きです。
まあ、あくまでも私のタッチなので、弾き手が変わるとまた違う色が出るかと思います。

▼じつは19世紀ギター界では有名な東京のT氏に買ってもらいました。かわいい袋ですね。
craftm_Kr_cd.jpg



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

興味深々ですね!

楽しみです!!!

No title

楽さん、
おそらく6月5日はこのセットになると思います。

No title

弘法は筆を選ばずと申しますが時には選んでより佳いものにするのもいいかと思います。どう変わったか聴いてみたい。それにしてもガット弦にそんなに種類が在ろうとは…知らなかった。

No title

魅惑のギタリストさん、
珍しさもあると思いますが、気持ちがいいですよ。

キュル社はギター弦はまだ一部で、バイオリンからコントラバスまで驚くほど種類があります。