2011/05/30

コフィンケース完

craftm_Lp_cc.jpg
フェルトをはって金具を付ければ完成です。中で楽器がぐらつかないようにしています。

ヒンジ(蝶番)のポイントがひとつ : 開き角度~100°ぐらいのもの(それ以上開かない)。

ありあわせのパッチン金具はこのケースにしてはちょっと大きかったかな。

塗装は、
オイルステイン → 2液式オイルウレタン → オスモノーマルクリアー


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

以前の日記にロマニリョス氏所有のアントニオ・デ・トーレス並びに同オリジナル・コフィンケースが紹介されてましたが、このコフィンケースもどうしてどうして、風格ありますね。現代のギターケースが見劣りしてしまいそうなのは私だけ?まぁ、そこが手作りの良さ何だろうな。

No title

魅惑のギタリストさん、
これを携えて電車に乗るのはいいですが、飛行機の荷物室には入れなほうがいいです。

No title

興味深々です!

処で・・7月22日・・当方夫婦でのご一緒いいですか?
当方・・カカア一緒にですが?

No title

さすが、すばらしい出来映えですね!

ヒンジの取り付けを考えて作らないと
最後にたいへんなんですよ…
私は黒く塗ってしまいましたが
木目を活かした仕上がり
さすがにプロの作品ですネ

本体と蓋もかみ合わせにしてありますね…
オリジナルのコフィンケースでも
かみ合わせになってはいないのです!

No title

楽さん、
その日ですが・・・何かありましたっけ?



Mazaさん、
ありがとうございます。
本体と蓋が寸分の隙間なく合わされば、かみ合わせは要らないと思うのですが、一種の「逃げ」ですね。


No title

ウナミゴさんのライブだったと思いますが。
カミサンは行かないそうです。

No title

楽さん、
ウナミゴさんのライブ・・・23日ですね。
楽器を見てくださるようなので、楽しみです。
うちのカミサンもあやしいです。