2011/07/24

増井一友さんの演奏会

きのう、奈良の新大宮まで行ってきました。

楽さんといっしょに早めに行って楽屋にちょっとお邪魔しました。実は、この機会に拙作をみてもらおうと、例の「ラプレヴォット」を携えていったからです。
すると、すぐに手にとってその日に演奏するバッハやレニャーニの曲などを弾いてくださって、大感激。持ってきてよかったと思いました。

さて本番は、ブーシェ1979による増井さんの芸術を堪能することができました。あまりある豊かな響きとエレガントさを併せ持つ楽器を体の一部のように操っておられました。変な表現かもしれませんが、しばしヨーロッパの国に居るようでした。

<曲目>
 バッハ : サラバンドとトーブル
 レニャーニ : カプリースより3曲
 武満徹 : シークレット・ラブ
 ファリャ : ドビュッシー賛歌
 プーランク : サラバンド
 ターレガ : アランブラ宮殿の想い出

コンサートが終わってから、駅前のイタリア風バルでワインタイム。先生はワイン通で有名なことは承知してましたが、さすがにさすがでした。料理もなかなかでしたので、このお店わたしの抽斗に入れておきます。

▼楽屋での楽さんのスナップショットを拝借しました



w_un-amigo20110723.jpg

増井先生と楽さんの日記です (もしリンクできなかったらゴメンナサイ)

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1754075312&owner_id=3225640

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1753938283&owner_id=20496629




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

昨日はお疲れ様でした。
楽しいひと時でしたね!

この日記転載させて頂きますね、お許しを!

No title

楽さん、
はい。よかったですね。転載、どうぞよろしくお願いいたします。