2011/07/29

ラコート7弦の製作-14 ケース設計

塗装が乾いたらブリッジとテールピースを装着するのですが、その間を利用してケースを作ります。

まずは図面作成です。前回と同じく今回もコフィンケースです。材は桐。

▼棹の下には、棹ホルダーを兼ねて収納が付きます。 大きさ : 992L x 354W 
craftm_Lchp_Cs.jpg

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

過去の例から見てケースに一週間、塗装完了まで・・・そろそろ次の作品の構想に取り掛かる頃でしょうか?その前に31日のステージに向けての練習に励んでいることでしょう。今更ながら、呼吸とフレージングについては上手くいきません。歌や管楽器を演奏される方々はその点上手いなあ。

No title

魅惑のギタリストさん、
まさに仰るとおりです。
次の作品?...coming soon ということで。

私が云うのもなんですが、ギターでも呼吸とシンクロさせればいかがでしょうか?