2011/11/14

ワイン木箱のチェスト:塗装

水性顔料で着色するのですが、ご希望の色合いがワイン木箱の焼印や印刷の色とかぶるので、できるだけ薄い色から始めました。
数日乾かして、#600で軽くケバ取りをしてから上塗りをしました。今回の用途を考慮して上塗りにはオイルウレタンを使用しました。
2液性のウレタンなのですが、オイルと同じ塗り方ができるので薄膜塗装が可能です。仕上がりのコントロールはウエスでの拭き取り加減で行います。

さて、今年の家具モードはこれにて終了で、ぼちぼち次作のギターの準備にかかっています。
今年は、なぜかノーマルな6弦モダンギターは1台も作っていませんが、これから作るギターもそんな今年を象徴してお釣りがくるほどのシロモノです。 coming soon !

▼乾燥中。右の二つは抽斗(ひきだし)本体です。乾燥してから、楢から切り出した引き手をネジ止めすれば完成です。
craftm_wc_ct.JPG

コメント

非公開コメント

No title

さすが、素晴らしい出来映えですネ
プロの技です

ところで、共鳴して響く
ギター用のテーブルを作りませんか?
ソルやリュート奏者が推奨の…
http://photo.mixi.jp/view_photo.pl?photo_id=1394236837&owner_id=22368040

いかがでしょうか?

No title

もしかしたら見えないかもしれません!
この日記の真ん中あたりにあります
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1792064397&owner_id=22368040&org_id=1792009648

No title

Mazaさん、
日記の絵を拝見しました。例の有名なテーブルですね。
単純な構造に見えますが、何かノウハウはあるのですかね。

No title

チェスト・・・チェスト!!!

素晴らしいです。

No title

楽さん、
ありがとうございます。出来はともかく、珍しい一品です。