2011/12/11

アコギ(J-45/50)の製作:トラスロッド埋込み

トラスロッドとカーボンロッドを写真のように埋め込みます。
カーボンロッドはタイトボンド、トラスロッドはエポキシをl使います。
カーボンロッドは硬いのですが、サンディングは容易です。でも6Bの鉛筆のような粉が出て真っ黒になります。
切断するのに鉄ノコを使ったら、セロリみたいな繊維質でした。
craftm_J450_tc.JPG


▼トラスロッドの溝に蓋(ふた)をしているところ
  接着が終わったらネック面とツライチになるように鉋がけします
  トラスロッドのケーシングとネックをガチガチに接着しているので、
  かなり敏感にネックの反り(ないしは微妙な弦高調整)に対応できるはず
  と思っています。
craftm_J450_trc.JPG
工房の気温が低いので、エポキシもタイトボンドも温めてから使います。
また、接着されるほうもヘアードライヤーで温めます。ニカワのときほどではありませんが。
安心のため。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント