2011/12/15

アコギ(J-45/50)の製作:ヘッドの象嵌2

「M」 のロゴを貝で作ります。

当初、白蝶貝でと思ってましたが、黄蝶貝のほうが落ちついた感じがするのでこれにしました。
下の写真、左から白蝶貝、黄蝶貝、黒蝶貝です。余計なことですが、こういう貝類は今やUSAから買えなくなりました。ゆえに国内で調達。
craftm_J450_ik4.JPG


貝を切るのにうってつけの糸ノコを紹介しましょう。下の写真です。今でも入手できると思います。NASAでも使っているという優れものです。
特長は、刃の断面が円形なので、どの方向にも動かして切れるということ。またその刃がけっこう太いのでぐにゃぐにゃせず、ドライブしやすいです。
craftm_J450_ik5.JPG



切ってる最中に手を止めて写真を撮りました。貝を堅い板に両面テープで貼って、その板ごと切っています。合計4mm厚ほどありますが、この糸ノコでは全然ストレスありません。
Mのロゴはいつものようにプリントアウトです。ナラの端材にスリットを入れてこれをバイスに固定したのが糸ノコの作業台です。ちなみに貝の下に敷いてる堅い板はハカランダです。なんと贅沢な。
craftm_J450_ik3.JPG



切りあがりました。このあと慎重に下敷き板をはがしてヤスリで形を整えます。M字の鋭角に入りこんだところは、目立てヤスリが役立ちます。
craft_J450_ik2.JPG



完成。でもこうしてあらためて写真を見るとまだちょっとガタがありますね。明日修正します。
crafrtm_J450_ik1.JPG


次は、いよいよヘッドに「M」を彫って埋め込みます
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント