2012/01/20

新サンディングロール使用レポ

先日の日記で紹介したドラムサンダー用のサンディングロールを使ってみました。番手は#120。

材はインドローズの裏横セット。
かなり紫の濃いローズでたっぷりヤニがある感じです。薔薇の香りもプンプン。
約5mm厚を3mm弱まで削り落としましたがサンディングロールへのヤニのこびりつきは皆無でした。支持体もしっかりしていて、切れ味も良いです。さすが日本製です。したがって結論としては、純正品の半額なのに、性能は勝るとも決して劣らずということですね。ムイ・ビエン!

▼サンディング終了後の状態 キレイでしょ
craftm_srrp.jpg


▼こちらは材料
裏板は既に接いであります。こういう材は私は先ず木目に直角にサンダーに通して厚みを減らしていきます。そして目的の厚みに近づいてきたら徐々に木目に斜め、そして最後に並行というふうにします。こうすると効率が良くて機械とペーパーへの負荷も軽減できます。
ただ、横板のように幅が狭くて長い物は横に通すと材が破損する可能性もあるので、これは斜め通しからはじめます。
craftm_J45_rw.jpg
▲このローズウッドで今回のJ-45のうちの1台を作ることにしました。

コメント

非公開コメント

No title

綺麗なローズウッドですね。
Gibsonの現行ならば、J-45customということですね。
ワタクシのと比較出来ます~。

No title

やはり、メイドインジャパンは優秀ですね。

No title

シエロのマスターさん、
そうですね。これとジャーマンを合わせます。

No title

フクティートさん、
御意に。
ついでに、ルーターのビットも国産が一番だと思ってます。高いですけど。



No title

このサンドペーパーどこで買えるんですか?
私もこれ欲しいです!

No title

akiさん、
うちの工房に出入りする業者さんを通じて発注しました。ひょっとしたらメーカーに直に交渉できるかも?

No title

なるほど。普通にお店に行って買えるものじゃないんですね。
今度メーカーさんに連絡してみます。
お返事ありがとうございました!

No title

akiさん、
首尾よく発注できたらまたお知らせください。もし難しいようでしたら、私がいつもの業者に発注してさしあげますよ。その場合は別途メールしてくださいね。ただ、送料はかかるかもしれません。