2012/01/28

アコギ(J-45/50)の製作:ピエゾピックアップ作り

裏板をくっつける前にひと仕事があります。ピックアップ取り付けやコンデンサーマイク回路の段どりです。
今回は、ピエゾ素子3枚とコンデンサーマイクを設置します。初めての経験ですが、先達者たちのノウハウを収集して実験も実施しました。

さて、ピエゾピックアップの製作です。今回、写真の様な大きめのものを使います。当初、ピエゾ板を表面板に貼るのに弾性エポキシを使う予定でしたが、それよりも間に台座をかます方が一般的なようなので、実験を行なって0.6mm厚の超強力両面テープを採用することにしました。えっ、ナイフ? リード線の皮むき用です。蛇足ながら、トレドで買ったやつです。
craftm_J45_pz.jpg



<ピックアップの作り方>
【1.右】2芯シールド線を使って半田付けします。ピエゾの円周部と中央の白いところが電極です。
【2.中】上面を絶縁樹脂で覆います。グルーガン(写真上部)でホットボンドを塗りました。
【3.左】その上を銅箔テープ(写真左端)で覆って、銅箔とシールドを、また銅箔とピエゾのマイナス極をハンダ付けします。目的はノイズ防止です。
最後、リード線の根元に熱収縮テープをかぶせておきます。
これはごく一般的な方法のようで、ネットでも紹介されていますし、某社の有名エレアコも同じでした。
crfatm_J45_pzc.jpg


ボディは裏板を貼る段階まできています。この時点でエンドピンジャックの穴をキレイにあけておきたかったので、横板のボトムインレイをはめ込んだ状態で横板を組み付けました。
横板には全幅補強棒を8本設置しました。これはそれぞれ裏板の横バーを受ける棚にもなっており、いわゆるフレーム構造(モノコック)として剛性を持たせました。
crfatm_J45_mcb.jpg
次回はコンデンサーマイクの工作編です。面白いですよ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント