2012/02/10

アコギ(J-45/50)の製作:バインディング作り

オリジナルJ-45のバインディングは例の白いセルロイドですね。あれはあれで雰囲気があるとは思いますが、ここはやっぱり木を使います。うっすらとバイオリン杢の入ったカーリーメイプルです。

そのメイプルに黒や白のラインを入れるのに、0.5mm厚の突き板をカットして貼ります。ちょっと泥臭い方法ですが、材料がオシャカになる確率が少ない方法だと思います。

1.エッジが直角で直線の出た板に突き板を貼ります。私はご覧のようにガラス板を使います。突き板は両面テープ3箇所とマスキングテープで端っこを貼っています。
2.あとはケビキで幅をセットしてカットするだけです。この状態で10本ぐらいはすいすいカットできます。

なお、黒と白の板を貼り合わせてから、この方式でカットするのもOKです。

ポイントがあるとすれば突き板の木目をケビキに対して「ならい目」にすることと、ケビキの刃研ぎでしょうか。

craftm_tkitct.JPG



細くカットした突き板をバインディング材の木端面に貼り合わせますが、ごらんのように洗濯ばさみを総動員します。このあとバインディングを曲げるとき高温にさらされるので、昔はエポキシを使用してましたが、タイトボンドでも問題ないです。
craftm_J45_bndg.JPG

コメント

非公開コメント

No title

バインディングはやっぱり木が良いですよね。プラスティックやセルロイドではどうもしっくりいかない気がします。木の香りのするギターがいいですね。バインディングにつき板で作ったパーフリングを貼る時、私は糸でくるくる巻いて接着しております。安直な方法ですが結構しっかり接着できます。

No title

フクティートさん、
そうですよね。やっぱり木でなくては。あのブラッドウッドもなかなかいいですね。
糸で巻く方法やマスキングテープで巻く方法もいいですね。洗濯ばさみが足りないときはそうしてます。