2012/06/01

LatticeⅡ:select sound_board

前作に続いて格子形力木配置のギター、名付けてラティスⅡ。

まだ1台しか作ってませんが、友人の同構造のギターなども含めて考え合わせると、ラティスのアドバンテージは全域にわたってバランスをとりやすいのと、音のダイナミックレンジの広さだということがわかりました。非常に強く弾いても音がつぶれないので楽音かどうかは別にしてデカい音が出るのも特長でしょうか。それは耐震壁のような筋かい構造による板の剛性の高さに起因するものと推測しています。

一方ディスアドバンテージは、あの音色かなと思っています。「眠たい」あるいは「モノクローム的」、そういう音が混じっているように思います。個人的に最も好きなあの伝統的なスパニッシュギター(20世紀前半の)のサウンドではありません。全くの私見ですが。
で今回は、ラティスの長所を残しつつ、音に色彩感をというのを目標に据えました。

<まずは表面板の選択>
・目標からして杉材は除外
・「軽くて固有振動数が高い」スプルースの中から2枚選んで、サウンドボードを完成まで製作した
・出来上がった響板のあらゆる所をマレットで叩いて聴音。周波数のスペクトルデータも比較したが、自分の官能を優先
 一方は「コーン」という音、他方は「カーン」という音に「ガーン」も混じる感じがあった
 低音の「ブーン」や「ブルブル」は大差なし
・そういえば前作ギターも「ガーン」が入っていた


弦の音は板の音に似るか?どうかのチェックのために、「コーン」の方を選びました。
とうもろこしみたいですね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント