2015/08/27

アルハープ作り(2)

表板に力木を接着しているところです。最大の目的は補強ですが、もうひとつは音作りで、目的の音をめざして一本ずつ入念に削り込んでいきます。ここが楽器つくりの面白さです。あとで横方向にも力木を接着します。表板はクラシックギター用のヨーロピアンスプルースで、すでに厚みの調整は済ませています。
P8270009.jpg

▼フレームは組みあがっています。
P8270015.jpg

コメント

非公開コメント