2012/12/17

杉の二十弦琴;完成

セラックで薄めに塗装してから、弦を張りました。
クラシックギターの1弦から6弦を使う設計にしていますが、幸いにも製作教室に来ておられるO氏のご提供によって、フロロカーボンの釣り糸(シーガーエース)も試すことができました。

思っていたより大きな音が鳴ったのでちょっとびっくりしました。特に高音はギターより伸びるほどです。
弦を板に対してなるべく垂直に振動させるとまろやかな音がして、なかなか気持ちがいいです。

半音なしのドレミファソラシドでソからミまでの20弦です。
どの弦も1音ぐらいは巻き方で上下できるので曲の調性に対応できます。慣れれば筝のように駒から上の部分をぎゅっと押さえて半音あげるというテクニックも可能でしょう。


craftm_CH1.jpg


ある地方の地場産の杉とヒノキを使っています。駒材のみカエデ。
crfatm_CH0.jpg

第1号器はこれで完とします。
もうこの週末に引き取られていきます。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

完成!お疲れ様でした!嫁入りとの事!!どんな音かお聴きしたいので、録音お願い致します!!!。

No title

楽さん、嫁に行ってからもきっとどこかでお耳にできることがあると思いますよ。そういう計画です。

No title

ぜひ触ってみたい♪

No title

と言う事は、結構身近な処への【お嫁入り】ですね!!
嬉しい事です!!!

No title

プリンセスピンクさん、
ピンクさんにはぜひ触ってほしいです。そしてできることなら曲もお願いしたいです。

楽さん、
そんな感じですかね。こんどお話します。