2013/06/12

ホンジュラスローズもココボロもマダガスカルエボニーも

ワシントン条約の附属書Ⅱに、
 ホンジュラスローズ、
 ココボロ、
 グラナディロ、
 それにマダガスカルエボニー等々が指定されました。
今後、該当種の輸出入には、輸出国の政府が発行する許可書が必要となります。

マダガスカルローズや中南米のほとんどのマホガニーやセドロももともと指定されています。
ハカランダは附属書Ⅰ記載で、これはもっと厳しい規制下にあります。

インドローズももう風前の灯だそうです。

<附属書Ⅱ>

http://www.trafficj.org/aboutcites/appendix_plants.pdf

該当種の価格高騰は必至です。
それより、作る人、弾く人、なにより材料屋さんや楽器屋さんの対応が気に懸ります。






コメント

非公開コメント