2013/06/17

ギター音楽大賞の副賞

昨年に引き続き、ギター音楽大賞(23日、クレオ大阪東)の最優秀賞者への副賞としてギターを進呈させていただくことになりました。

本来ならば新作してそれを差し上げたいのですが、残念ながら今年はそれが叶わず工房在庫の中から選ばせていただきました。
2009年作のオリジナルモデルで、その年のテジョン国際ギターフェスティバルに出展した楽器です。
きょうは、多少の調整と化粧直しを行ないました。

craftm_SE07_fgma.JPG




コメント

非公開コメント

No title

入賞者へのプレゼントですか。うーん勿体ない!折角丹精こめて製作された逸品を。
入賞者はこのギターを後生大切に演奏に生かしていただきたいものです。
そして作者を生涯忘れないように願いたいものです。

No title

コンクール入賞者にプレゼントされたのですか。折角丹精こめて
製作された逸品。このギターを受け取った方は後生大切に演奏して
戴きたいものです♪

No title

musasibouさん、
きょう進呈してきました。
あらためてそういう意見をきくと ・・・ ほんとにそうですよね。せいぜい本番で使っていただきたいものです。

No title

 ギターに初めて触れたのは中学生の時。小遣いがどうしても不足し、ウクレレで我慢しようかと思案し続けていました。
ある日、父親が思いもよらず、スチール絃のギターを買って帰宅しました。嬉しくて毎日がむしゃらに触れていたのですが、絃を張りっぱなしにしていた為就寝中に凄い場発(?)音で目が覚めました。
ナイロン弦ならいざ知らずで・・・。
クラシックギター(廉価版)を入手したのはずっと後になります。。
今は何でも手に入る時代と環境ですが、それ以来ギターに傷がつかないように極丁寧に扱っています。
コンクール入賞者ともなれば数台の愛器保有と思います。きっと手渡された逸品は大切にされることでしょう♪

No title

musasibouさん、
私も中学のとき父親に買ってもらったナイロン弦用の三千円のギターをずっとを使ってました。マジックでいっぱい何かを書いてますが、今でも押し入れにあります。
今回のギターと、またどこかで会えることを楽しみにしています。