2013/08/02

クラシックギター(TE-1)の製作 ③横裏選択

表面板はヨーロピアンスプルースの中から性質の違うものを3枚接ぎました。昨年の春にスモーク処理を依頼したものも含まれます。

サイドとバックはハカランダです。
実はこの次の製作依頼もハカランダモデルで、今回のと同一の樹木から製材したセットを使う予定にしています。その2台が将来偶然顔を合わせる可能性は ・・・ あるような、ないような。

▼黒地に赤茶模様という独特のテクスチュアーはいいのですが、製作時にはそれなりに注意が必要です。サイド板には板目も混在しているので凹凸にならないように曲げるのが難しそうです。
向こうに立てかけてあるのが表面板です。
craftm_te1sb.JPG




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント