2013/09/06

水汲みと温泉

きょうは、奈良県天川村洞川温泉(どろがわおんせん)にある「ごろごろ水」を採水してきました。夏休み中は大峰登山者や子供たちで銀座のようになりますが、9月になればすっかり元に戻ります。

▼温泉街  : 木造の立派な旅館が立ち並びます
3.jpg


4.jpg


▼採水場 各駐車ボックスにもれなく「蛇口コック」があります。そのコックを開ければ20リットルのポリタンクなら30秒ぐらいで満タンになるほどの水量です。ものすごく冷たい水です。採水量の制限はありません。入口で駐車料金として¥300を支払います。家内と手分けしてポリタンクやペットボトルなどに、いつもだいたい150リットルぐらいつめこみます。「ごろごろ水」というブランドでペットボトルで発売/通販もされていますが、ちょっとお高いようです。
いつも県内より大阪や和歌山のナンバープレートが多いです。
1.jpg


▼温泉の出口にある看板です
 「たべんといぬんけ」 ・・ 直訳すると ・・・ (鮎塩焼を)召し上がりもせず、お帰りですか
   「たべんと」は丁寧語で、「いぬんけ」は尊敬語です 
5.jpg


帰途は例によって下市温泉明水館でランチ&温泉。
知らぬ間に 「ごんたの湯」 ののれんが掛ってました。後ろ姿は連れ合いです。
6.jpg

▼その、ごんた君もいました。下市町のマスコットキャラクターです。
7.jpg


▼きょうの日替わり定食 ¥700也、コーヒー付きなら¥800 ご飯のおかわり自由です。他にも、た~くさんのメニューです。
  きょうに限って写真映えしない献立ですが、味はプロの調理人さんの腕前と心意気が必ず感じられます。
9.jpg


▼サウナ、露天風呂もあります。露天風呂は源泉かけ流し。ツルツルスベスベになりますよ。
8.jpg




コメント

非公開コメント