2013/10/10

鉋刃の裏切れ直し

鉋も鑿も長く使っていると刃が減ってきて「裏切れ」になってきます。これを直してみました。

▼裏切れとは刃の裏側の刃先の部分が狭くなった(あるいは無くなった)状態をいいます。この刃はもう風前の灯ですね。
craftm_kud1.JPG


▼レールアンビルの斜面部に刃裏を密着させて、表側の軟鉄の部分を玄翁の角で慎重に打ちます。あやまって刃先を叩くとおそらく割れると思います。これで刃裏が「盛り上がる」ことになります。
(訂正)アンビルのアールの付いた面で行なう方が正解のようです。
craftm_kud2.JPG


▼刃裏の盛り上がりを平坦にします。金盤に金剛砂を播いて行なう方法より、自分はダイヤモンド砥石のほうが遥かに早くて、研ぎ面の平面精度も全く問題ありません。#1000で行ないました。
craftm_kud3.JPG


▼これで裏が出てきました。これくらいの幅で十分で、広すぎるのは何かと調整がしづらいです。
craftm_kud4.JPG

▼その#1000で表側の玄翁の打ち跡を取ります。新品の砥石なので1分もかかりませんでした。
craftm_kud5.JPG


▼あとは研ぎ出すだけです。今回、右端から順番に使いました。
kraftm_kud7.JPG






コメント

非公開コメント