2013/11/11

ラティスⅢの製作-4 響板完成・裏接ぎ

先日のギターフェスタ inATC での、このギターの注文者の演奏が決め手となって、最終的に表面板の材料選択と調整を行ないました。下の写真はどちらもヨーロッパのスプルースですが、熱処理しているほうに決めました。左側です。格子の上面を若干スキャロップする予定でしたが、いまのところちょっと様子をみています。
craftm_te2slctn.JPG

表はいつもの顔をしています。今回はグラナディラの地板にアマレロ/サチーネ/プトゥムジュで作った寄木モチーフを象嵌しました。
craftm_te2rst.JPG


ハカランダの裏板を接いでいます。この方式が自分の標準です。裏板とセンター飾り棒とパーフリングを一挙に接着しています。
craftm_te2jb.JPG







コメント

非公開コメント