2015/10/19

クラギTE8の製作(1)材料選択

さあ、クラシックギター製作モードです。
このところの定番のようになっているラティスブレイシングのハカランダモデルです。
弦長は当工房のラティスモデルとしては初めての635mmで、トップ板は例のローストしたホットスプルースというご希望です。
写真は今回セレクトしたブラジリアンローズウッド(通称:ハカランダ)の裏板・横板セットです。指で叩くと備長炭のような金属的な音がします。向こうに見えているのはネックにするホンジュラスマホガニーです。
PA191746.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント