2014/01/20

ラティスⅢの製作-16 完成!

完成です。近日納品に伺います。

<主な仕様>
トップ ヨ-ロピアンスプルースの熱処理品
サイド/バック ハカランダ
ネック ホンジュラスマホガニー
弦長 650mm
塗装 全面シェラックニスのフレンチポリッシング仕上げ

▼このモデルからの新しいボディ形状,アームレスト付き(山桑材)
craftm_te2bdpl.jpg


▼アームレストの表面板への糊シロは内部のペオネスの幅と同じなので、サウンドボードの有効面積は変わりません。
craftm_te2ardkw.jpg


▼光沢面の撮影は難しい
craftm_te2bksd.jpg


▼ヘッドプレートはロゼッタに合わせてグラナディラ。糸巻きは超ジュラルミン製、軽いです。
craftm_te2hdpg.jpg


▼1弦側の指板端までのマージンを広くしています(ご要望です)
craftm_te2ftbd.jpg


craftm_te2fv.jpg


▼鮮やかなオレンジのケース
craftm_te2csin.jpg

<試奏の感じ>
立ち上がりが鋭くて、極めて大きな音を出すことが可能です。音に芯があるというより大部分が芯のような感じがします。とくにカーンという高音の鳴り方と伸び方にはちょっと驚きます。ブレイシングと表面板材によるものでしょう。
音楽性とか和声とか云々は私の技量ではなんともいえないので、プロ奏者のコメントを楽しみにしたいと思います。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント