2014/02/27

ウクレレ作り:仕上げ

指板はインドローズで作りました。弦長約375mm(*1)でフレット溝を切って、その面を半径16インチのカマボコ形に仕上げました。
指板をネックに接着して、フレットを打って、ネックを削って、全体の木地仕上げをすれば塗装工程となります。

塗装ですが、この楽器の用途や演奏時のシチュエーションを想定してセラックニスはやめました。となると硝化綿ラッカーかウレタンかオイルか? 今回は 「オイルウレタン(*2)」を塗りました。塗り方は所謂オイルフィニッシュと同じなので、ほとんど膜厚は付きません。

▼トーレスモデルのコンサートウクレレ!
 フレットはブラス(真鍮)、ヘッドプレートはグラナディラ
P2270780.jpg


▼ネックはセドロ、サイド・バックはタブノキ、バインディングはミズナラ
P2270787.jpg


(*1)630mmのギターの第9フレットがこのウクレレのナット位置になります
(*2)参考--> http://www.capitalpaint.jp/olio.html



コメント

非公開コメント