2014/03/13

国産杉のギター:響板完

八枚接ぎの杉板がサウンドボード(響板)になりました。タッピングでの振動スペクトルを採ったところ、常用周波数帯においてスプルースに比べて概ねフラットでした。なので色彩感豊かなというよりは、落ち着いたパステル調の音を想像しています。

▼横板がちょうどはまるように響棒の端を鋸で切り取って、外枠にはめてみたところ
P3130201.jpg


▼バックはセンターシーム補強の接着
P3130191.jpg




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント