2014/04/27

国産杉のギター:完成画像up

<TE04-CC/IR 弦長650mm>
表板 : 鳥取県産「智頭杉」 / 裏・横板 : インディアンローズウッド
棹 : ホンジュラスマホガニー / 指板 : エボニー 
駒 : ハカランダ  / 縁巻き : 山桑 / ヘッド板 : グラナディラ
塗装 : シェラックニスのフレンチポリッシング

▼杉板の色と風合いが損なわれないように無色の脱色シェラックニスを使いました
P4270168.jpg

▼縁巻き材は最近気に入っている桑の木
P4270161.jpg


P4270153.jpg


P4270151.jpg


P4270149.jpg
☆あと、納品前にカルナバ蝋を軽くコートして保護します。なお、コンパウンドは使用していません。


自前の試奏

コメント

非公開コメント

No title

最近は携帯でネットを見ますから、なかなか面倒です。今日は久しぶりにPCで楽しんでます。

いい感じの音、それに表面板の見栄えも美術的にいいですね!!

伝統的なギターの製作も、もちろん重要なことだと認識していますが
将に日本で進化した、日本独自のクラシックギターですね。

No title

HSPTさん コメントありがとうございます。

当初は不安もありましたが、楽器として十分に実用できる感じなので内心ほっとしています。
鳴ることがわかったので、今後内部構造をいろいろ変えてみるのも面白そうです。