2014/05/16

2014展示モデル+630モデル:響板仕上げ

このギタ-も表板の裏にいろんな棒や板を貼りつけますが、これで最後です。これでペラペラの単なる板が、頑丈で、またよく響くサウンドボード(響板)に生まれ変わります。貼りつけるパーツ個々の形状、重さ、そして物理的特性は大きく出来栄えを左右するのがわかっていますが、それをジェネラルに理路整然と説明できる人や記事に出くわしたことはありません。これが極めてミステリアスであることがギター作りをおもしろくしているのかも知れません。とはいえ、製作者なりの理屈は必要かなと思います。

P5160728.JPG

コメント

非公開コメント