fc2ブログ

記事一覧

ギターケース作り①

アルハープのケースが完成したら、次はクラシックギターのコフィンケース。同じような仕事が続きます。 裏板となる桐板の上に現物(2015年作)をのせてケースの外形(変形六角形)を決めています。
なおこのギターの糸巻きを、 Irving Sloane(ツマミのガタつき発生)からご希望により写真のPERONAに変えました。Sloaneの糸巻きはギヤーやプレートの工作は良いのでしが、ツマミが未だに軸に接着しているだけなのが玉にキズ!いつかは空回りの憂き目にあいます。 TRA_6124.jpg

TRA_6126.jpg

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

アルバム

検索フォーム

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: