2016/01/21

クラギTE8とアコギAC6の進捗:塗装など

クラギは塗装前の下地調整を終えてシェラック塗装に入りました。いつものようにタンポ摺りで仕上げます。今回は最高度に脱蝋したシェラックフレーク(∴無色透明)を使っています。ブリッジとアームレストも同じように塗装します。
一方、アコギのほうはこれからネックの成型をして塗装に入ります。アコギもクラギも同じヨーロッパ産スプルースなのですが、前者はハーゼル(ベアクロウ)、後者はベイキングしているので色がこのように違います。
P1210447.jpg

写真をクリックしていくと大きく拡大するので、両者の木目をつぶさに比較することができるでしょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント