FC2ブログ

記事一覧

古典音律ラコート作り:指板フレッティング

さて、初体験の指板作り。手順は、この道の大御所T氏のHPに詳細に記述されている。その方法で指板にフレット溝の線を引いた。
問題は溝切り。18年間使用のドレメルのミニルーターでやってみたら、回転軸が振れているのか、指板上で踊ってしまって思い通りに進めず、すぐに刃が折れて万事休す。
思案の挙句、ミニフライス盤で刃を固定して材料を動かすことにした。これでなんとか完了。溝が多少ジグザグになってもフレットワイヤーを打ち込めばうまい具合にキャンセルされる。なお、刃物は、0.8mmの超硬製エンドミル使用。
さて、初体験の指板作り。手順は、この道の大先輩T氏のHPに詳細に記述されている。その方法で指板にフレット溝の線を引いた。
問題は溝切り。18年間使用のドレメルのミニルーターでやってみたら、回転軸が振れているのか、指板上で踊ってしまって思い通りに進めず、すぐに刃が折れて万事休す。
思案の挙句、ミニフライス盤で刃を固定して材料を動かすことにした。これでなんとか完了。溝が多少ジグザグになってもフレットワイヤーを打ち込めばうまい具合にキャンセルされる。なお、刃物は、0.8mmの超硬製エンドミル使用。
フレットワイヤーは指板をネックに貼って上面を均してから打ち込む。

▼各弦ごとにフレット位置をプロットして
NOR_8234_02018_01.jpg

▼それをなめらかにつないで
NOR_8235_02018_01.jpg

▼ミニフライス盤で溝カット 材料をフリーハンドで送ってカット 0.8mmエンドミル使用
NOR_8240_02018.jpg

▼指板幅を仕上げてサイドポジションの貝を嵌め込めば完了 フレットワイヤーは通常より細目のもので、指で曲げること可能
NOR_8246_02018.jpg

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

アルバム

検索フォーム

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: