FC2ブログ

記事一覧

吉野杉のギター作り ⑥塗装

塗料は工房で調合したシェラックニスを使って、French Polishingというヨーロッパの伝統的な方法で塗ります。この方法の特長は「超薄層・鏡面仕上げ」であり、木質の音を重用するクラシックギターにはうってつけの方法といえます。短所を挙げるなら時間と手間を要することでしょうか。
全面ともこの方式で塗りますが、裏板・横板のローズウッドには大きく深い導管があるので、これを予め埋めて(目止めという)からニスを塗ります。目止めには塗装用のエポキシレジンを使っています。TOR_2278_01.jpg

▼駒にもシェラックニスを塗ります。
TOR_2293.jpg

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

アルバム

検索フォーム

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: