2014/10/21

ワインラック付きファクス台(3)

ATCでのイベントをはじめ今月は工房の外での仕事やイベントが本当に多かったのですが、その状況はまだ続きます。この週末からも、ピアノ発表会での演奏、バンドおよびコーラスの練習(指揮)、ギター製作教室、シニア大学が2回、そして月末から弦楽器フェアーで東京へ、てな具合。

さて今日は、ワインラックの材料に墨付けをしました。この作業、いつも4Bのシャープペンを使って材料にしるしをつけていきます。そのしるしを頼りに切ったり削ったり、穴をあけたり、溝を彫ったりします。材料を加工するときは安全にさえ気をつければそれでOKですが、墨付けは作品の出来栄えと作業効率を決定する大切な「頭脳労働」なのです。家の建築と同じですね。

▼これらワインの木箱材をいろいろなところにあしらいます。すべて使います。
P3160011.jpg

▼こちらが墨付けをした主要材です。(ミズナラ材)
PA211788.jpg

コメント

非公開コメント