FC2ブログ

記事一覧

吉野杉のギター作り ②表面板作り

入手した2枚の板は幸運にもブックマッチだったので、通常のギター材のようにシンメトリーに接ぐことができました。
①まずは口輪飾り(ロゼッタ)を象嵌
②次に裏側を鉋で削って厚み調整・・・これが楽器の音作に大きく影響します
③そして力木を接着(ブレイシングという)して、それを成形します

初めての吉野杉ゆえ、新規開発というか絶好の習作チャンスと見做して予てから一度トライしてみたかった力木デザインを採用しました。

▼四角穴をあけたドーナツ形の板は本紫檀。これに寄木の金太郎飴を埋め込みます。今回の寄木は、欅、楓、洋桜の三種で作成。
TOR_1163_01.jpg

TOR_1161_04.jpg

▼2セットとも象嵌しました
TOR_1167_04.jpg

▼力木の接着風景 接着剤はニカワです。竹の弾力で押さえて固定します。
TOR_1321_01.jpg

▼鉋や鑿で成形してほぼ完成
TOR_1352_01.jpg

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

アルバム

検索フォーム

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: